阿佐ヶ谷神明宮で厄除(八難除)可愛い神むすびと御朱印も人気!

今日は阿佐ヶ谷(杉並区)にある神明宮(しんめいぐう)をご紹介します。

日本で唯一の八難除け(はちなんよけ)の厄除けが出来る神社として地元の人達から愛されている神社です。

ここでしか手に入れる事ができない人気の神むすびというレースブレスレット型のお守りや、季節限定の御朱印、中でも刺繍入りの和紙にお印をしていただける大和がさねの御朱印が評判となっており、可愛いものが大好きな女性、限定に弱いマニアにも響くツボを抑えた感がたまりません笑。

先日、八難除けのご祈祷に行って参りましたので、その時の内容もご紹介したいと思います。

最後までお読みいただけたら幸いです!

阿佐ヶ谷神明宮の由緒・御祭神

阿佐ヶ谷神明宮の御由緒は、寛政12年(1800年)に著された「江戸名所図絵」によると、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の帰途に阿佐ヶ谷の地で休息し、後に日本武尊の武功を募った村人が旧社地に一社を設けたのが始まりといわれています。

御祭神は、

天照大神(あまてらすおおみかみ)

言わずと知れた日本最高神の天照大神様が祀られております。

また、

豊受大神(とようけのおおかみ)

月読命(つくよみのみこと)

須佐之男命(すさのおのみこと)

も祀られております。

境内にある元宮には、産みの親である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と、その奥様である伊邪那美命(いざなみのみこと)、更には日本武尊命(やまとたけるのみこと)が祀られております。

古事記に詳しくない方でも名前は聞いた事があるという方も多い錚々たる神様が鎮座されていて、それだけでも既にテンションが上がる勢いです。さながら、古事記オールスターズといったところでしょうか笑。

阿佐ヶ谷神明宮へのアクセス

阿佐ヶ谷神明宮へは、JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩2分と、かなりアクセスの良い立地です。

公式HPには徒歩2分とありますが、実際に歩いてみた実感をしては信号待ちなども鑑みると徒歩で5分ほど要すと思って良いかもしれません。

北口方面に出ると、向かって右手にSEIYUさんが見えます。

SEIYUさんを通過して、そのまま左方向に直進していくと、「神明宮入り口」という看板が見えますのでこちらを目印に右に曲がると目指す神明宮が見えてまいります。

神社隣には駐車場もございますのでお車でのアクセスも可能です。

ここでしか手に入らない!神むすびのお守り

神むすび

阿佐ヶ谷神明宮公式HPより

阿佐ヶ谷神明宮といえば、独自のレース型ブレスレットのお守りである神むすび(かんむすび)が有名です。

商標登録もされており、日本全国、神社は数あれどもここでしかお受けする事ができないお守りなのですから、ありがたい限りですよね。

最終の縫製は神明宮の巫女さんの手作業によるものだそうです!

ひとつひとつ、想いが込められたものであることを知ると、より一層ありがたい気持ちになりますね。

ブレスレット型というだけあって、腕につけたり、カバンにつけたり使い方は多様にありますが、巫女さんに実際に聞いてみたところ、やはりお守りである以上、身体につける際に足につけるのは好ましくはないとのことでした。

色とりどりのラインナップ、どれにしようか迷ってしまいますよね。

和を感じる温かみのある色合いはどれも素敵すぎますよね。

桜の季節限定の神むすび、それぞれにピンクの色合いが違っていてこれまた迷ってしまうし、何なら全部欲しいです笑。

こちらは金色の糸で刺繍された月読尊の限定神むすびです。キラキラゴールド、金運が爆上がりしそう。。

紫陽花の季節限定の神むすびは涼しげな色合いでこれまた迷いますね。

お祭りの日限定の金鳥居の神むすびです。特別感がありますね。

うさぎのモチーフの月うさぎの神むすび、うさぎ好きにはたまりません!

こちらは須佐之男尊の神むすび、力強さが表現されていますね。

数ある中から迷いに迷って、私が購入したのは月読尊の神むすびでした。

元々、青が好きな色であることと、数ある中でも私は神秘的だなあと惹かれるものがありました。限定の神むすびをお分かちいただけるかは運や参拝のタイミングもあるでしょうが、どれにしようかと一目惚れで決めるも、吟味して決めるもそれぞれにご縁なのかもしれませんね。


阿佐ヶ谷神明宮の御朱印

こちらは、阿佐ヶ谷神明宮でお分かちいただける通常の御朱印です。

神明宮と月読社それぞれ初穂料は300円となっています。

鳥居をくぐって左側にある社務所にて受付しており、順番待ちの際には番号札をいただいて待つことも。社務所の正面にベンチも用意されているので、座って待つこともできます。

全国唯一!大和がさね刺繍の御朱印

shidarezakura.jpg (960×720)

阿佐ヶ谷神明宮公式HPより

美濃和紙に直接刺繍をして、お印をしてお分かちいただける、日本の伝統技術である美濃和紙と刺繍の技術が一枚の和紙に重ねあわさることから「大和がさね」と命名されたそうです。

名前一つとっても、思いが込められている事が伝わってきますね。

写真は、春限定の桜、しだれ桜の大和がさね、花びらの色の濃淡も繊細な色遣いで素敵です。

阿佐ヶ谷神明宮公式HPより

新年限定の宝船と小槌、金運爆上がり間違い無いでしょう笑。

阿佐ヶ谷神明宮公式HPより

梅雨の時期限定の紫陽花の大和がさね、水彩画のような一枚です。ジメジメした梅雨に美しい彩りを添えてくれる一枚ですね。

阿佐ヶ谷神明宮公式HPより

秋は銀杏ともみじです。

どんぐりがとってもキュートですね。

大和がさねの御朱印府は季節ごとに限定の頒布で無くなり次第終了してしまうので、限定の時期には行列必至かもしれませんね。

初穂料は各1000円です。




日本でここだけ!八難除けのご祈祷

阿佐ヶ谷神明宮といえば、八難除けのご祈祷が有名です。

厄除けや心願成就のご祈祷は日本各地の神社でも申し込みすることが可能ですが、ここ神明宮でご祈祷すれば八難を除けてくださるというのですから、もう頼もしいことこの上ありませんね。

先日、八難除けのご祈祷に行ってまいりました。

境内の鳥居を一礼して進んでいきます。

境内は陽の光が差して、とても明るく晴れやかな空間で柔らかさを感じます。

参道を進んでいくと、右手に能楽殿が見えます。

こちらの能楽殿、どこかで見たことあるなあと思っていたのですが、ゲスの極み乙女の「私以外私じゃないの」のMVの舞台なんですよね!


この能楽殿もですし、阿佐ヶ谷の商店街も舞台になっていて、雰囲気出ているんですよね。

さらに参道を進んでいきますと案内がしっかりと明記されていますので迷いようがありません笑。

御祈祷の受付所がすぐに目に入ってきます。

新年から節分にかけては、特に週末の御祈祷は結構な行列になることもありますので、時間に余裕を持って行かれることがオススメです。

受付所を進んでいくと、八十八の祈祷のラインナップを目にすることができます!

今抱えているあらゆる困りごとに対応してくれるであろうなあと圧倒されますし、結構迷う方も少なくないかもしれませんね笑。

そんな時はピンときたものを直感に委ねて選んじゃっても良い気がします。

祈祷の内容は柔軟に対応いただけるようで、私が行った際に同じくご祈祷されていた方の中にはチケット当選祈願と具体的にお伝えしていた方もいらっしゃいました。

初穂料を収めると、祈祷殿の待合室にて待機します。

中は撮影禁止でしたので、写真は撮れませんでしたが、明るいきれいな空間で、お茶とお菓子をいただくことができました。

待合室内にも神結びが飾られていて、ここでゆっくり吟味することもできます。

御祈祷が始まると、宮司さんの祝詞に背筋がシャキッとするキリッとした空気に変わり、神様に直にご祈祷させていただいているのだなとありがたくも身が引き締まります。

自分の名前と祈願内容が奏上されると身体にシュッと電流が流れたような感覚があったのを覚えています。

御祈祷の後には、拝殿の奥にある本殿にて、より神様に近い場所にて参拝することができます。

写真は、拝殿から撮影したものなので遠めなんですが、天照大御神様を中心に、月読命、須佐男命の三貴神が並んで鎮座なさっているんです。

私個人的には、この配置にかなり胸熱でテンションが上がりまくってしまうんです。

というのも、私の大好きな山岸涼子さんの「月読」という漫画を連想してしまうからなのです。

この作品は、月読命が姉である天照大御神を恋い慕う切なさがもうたまらなくて、山岸先生の描く妖しくも美麗なそして大胆な解釈の古事記の世界にうっとりしてしまいます。

本作を一読してから神明宮に行かれると、また違った角度からも楽しめますよ。

こちらが、授与品です。

今回、私は祈祷料として5000円納めました。

初穂料は3000円から設定されていますが、この3000円というのは、リピーター向けです。というもの、この八難除けの御祈祷は4ヶ月に一度の御祈願が正しいとされているからでして、初めて八難除けのご祈祷を申し込まれる場合には5000円からで見ておくと良いでしょうね。

神明宮は魅力の宝庫!

阿佐ヶ谷神明宮は、太陽神である天照大御神様が祀られているだけあって、とても晴れが似合う明るく澄み切った神社だなあと感じました。

開放的で、中央線沿線カルチャー感もそこはかとなく感じられながらも都会の喧騒を忘れられる素敵な空間がそこにはあります。

限定の御朱印や、神むすびで季節を感じ、楽しませてくれる優しさに溢れているので何度でも足繁く訪れたくなる魅力に飽き足らず、あらゆる角度の災難からも守ってくれる頼もしい八難除けのご祈祷もできちゃうんです!

日本でここだけが一度にたくさん味わえるお得感を阿佐ヶ谷神明宮にてぜひ経験されてみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます。

皆様に、溢れんばかりの幸せが降り注ぐことを心よりお祈り申し上げます。