神社の参拝方法や参拝時間とは?お賽銭等のマナー作法についても!

パワースポットブームの定着で、神社へお参りする人が増えていますよね。

私自身も、神社やパワースポットへ行くのが大好きです。

正しい参拝方法がちゃんと出来ているかと言われると本当に大丈夫かなと心配になったりしませんか。

気付かずにやってしまっていた行動が実はNGだったなんてことがあったらショックですよね。

そこで今日は、神社での正しい参拝方法を一緒に学んでいけたらと思っています。

神社の参拝方法【作法よりも心構え】

実は、神社へ参拝するための「絶対的な決まりごと」というものはありません。

もちろん、だからと言って自由奔放に何をしても良いと言う訳では決してありません。

大切なのは、神様に失礼のないように丁寧に心を込めてお参りをしたいという心構えであると言えましょう。

言うまでもなく、神社は神様がいらっしゃる所です。

神社へお参りするということは神様のお家にお邪魔するということですね。

目上の人のお家に招かれた時の気持ちで失礼のないようにと言う緊張感を持つのが良いかと思います。

そう思えば、自ずと姿勢を正してお参りに臨みたくなりますよね。

作法1・鳥居のくぐり方【神域の入り口】

鳥居をくぐった瞬間に空気が変わったのを感じることがありますよね。

鳥居は神域への入り口であり、結界を示すものなのです。

そう思えば、空気が変わるのも当然ですね。

神社が神様のお家なら、鳥居は玄関にあたるものです。

鳥居をくぐる前にお辞儀をして「お邪魔いたします」と声に出さなくても心の中で思いましょう。

作法2・参道の歩き方

境内では参道の中央は正中(せいちゅう)と言って神様が通られる道とされていますので左右どちらでも良いので中央は避けて歩きましょう。

どうしても中央を横切らなければならない時には、一礼をするなどして神様への敬意を表しましょうね。

作法3・手水舎にて清める

本殿に参拝する前に、手水舎(ちょうずや・てみずや)にて手を洗い口をすすぎ、清めましょう。

  • 柄杓に水をすくいます
  • 右手に柄杓を持ち、左手を清めます
  • 左手に柄杓を持ち変え、右手を清めます
  • 左手に水を受けて口をすすぎ、左手を再度清めます
  • 柄杓の柄を両手で持ち、立てる様にして柄を洗いましょう

清め終わったら、本殿に向かいましょう。

参拝の方法

参拝の方法としましては、「二礼二拍手一拝(にれいにはくしゅいっぱい)」です。

  • お賽銭箱にお賽銭を入れます
  • 鈴をならします
  • 神様に対して、2回頭を深く下げて、神様への敬意を評します
  • 両手を胸の高さで合わせ、右手を少し下にずらしてパンパンと2回拍手をします
  • 両手をきちんと合わせて、神様にお礼を伝えます
  • 両手を下ろし、最後にもう一度深々とお辞儀をします

二礼二拍手をしたら、まずはお参りに来れたことへのお礼を神様にお伝えしましょう。

お願い事をする時には、神様に丸投げするのではなく、願い事を叶えるためにどんな行動をしていくかの誓いを立てましょうね。

つい自分もやってしまうんですが、神様に自分の願い事の詳細を長々とお伝えしてしまい後ろに並んでいる人を待たせてしまうことがあります。

大勢の人がお参りしている場合には、参拝をなるべく簡潔にする心配りも大事にしていこうと思います。

いつが良い?参拝に適した時間は?

参拝に適した時間は、やはり朝でしょう!

早朝6時から正午くらいがベストです。

やはり、太陽が昇り始めて清々しい空気の中で参拝できたら受け取るパワーも大きいのではないでしょうか。

そして早朝であれば、訪れる人も少ない中でゆっくりと神様とお話しできる時間も取れるでしょうからお得感もありますよね。

参拝は遅くとも16時までにした方が良いです。

夜の神社は神様の時間とされていますし、社務所が閉まっている場合も少なくありません。明かりがない神社でのお参りは事故の可能性もありますし、単純に怖いですよね。

日中の参拝が難しい場合には、境内の外からご挨拶するのが良いかもしれませんね。

帰り道にある近所の神社の前で夜、深々とお辞儀をして神様にご挨拶をされている方に遭遇したことがあります。普段から神様への敬意を持って過ごしている姿に感動しましたことを覚えています。

神様への敬意の気持ちは、神様もきちんと受け止めてくださっていると思います。

参拝時の服装は?NGな服装はあるの?

服装に関しては、特にこれといった決まりはありません。

だからと言ってジャージにTシャツといったラフすぎる格好は控えた方が良いでしょ。

神様に失礼のない様な身嗜みで清潔感のある服装を心がけてお参りしたいですね。

ちなみに七五三などの御祈祷で正式参拝に上がる際には、フォーマルな服装で臨みましょう。

ここぞという時の御祈祷であれば、白の勝負下着を新調したいですね。

帽子を被っている際には、参拝時には必ず取りましょうね。

お賽銭はいくら入れればいい?摂社・末社にも必要?

「始終ご縁があります様に」と45円を用意してお賽銭を入れるのが良いって聞いたことありませんか?

でも実はこれ、あまり意味がないらしいのです。

大切なのは気持ちです。

成功者の中には神社では一万円をお賽銭として収めたりする人もいる様ですが、流石にそれを真似するのは正直キツいですよね。

高額のお賽銭を収めるのであればご祈祷を受けた方がより神様にお願いが伝わりやすいと思います。

私の場合は、どうしても叶えたいという気持ちが強い時には千円を入れています。

お賽銭としてはちょっと奮発しているけれど、これで願いが叶うなら決して痛い出費とは思わない額だからです。

摂社、末社へのお賽銭は、本殿へのお賽銭にまとめて納めて大丈夫です。

その際には、摂社と末社の分も併せて納めますとお伝えしましょう。

マナーを守って気持ちの良い参拝を!

一番大事なのは、神様のお家へお邪魔しているのだという神様への敬意の気持ちを忘れないことですよね。

「お邪魔します」の挨拶もなしにズカズカと家に上がり込んで勝手に部屋の中の物を雑に扱われたりしたら、もうその人は次からは家に入れないことにしよう!と思われても仕方ありませんよね。

流石に上記の様な失礼な振る舞いをする人はいないでしょうが、神社の神聖な空気を壊さぬ様にして感謝の気持ちをきちんと伝えることができれば何よりではないでしょうか。

この神社に行きたいな、という気持ちになって実際に神社へ無事にお参りすることができたということは、神様が呼んでくださっているのだと思っています。

お招きいただいてありがとうございます。無事にお参りすることができましたという気持ちを神様にお伝えすることができれば、神様もきっと「またいつでもいらっしゃい」と思ってくださることでしょう。

最後までお読みくださって、誠にありがとうございます。

この記事に目を留めてくださったご縁に感謝します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする