自己肯定感とは?自己肯定感を高めれば人生はうまく行く!

自己肯定感

自己啓発に興味があったり、自分を良くしたいという思いがある人なら、最近この言葉をよく目にしたり耳に入れたりする機会があるのではないのでしょうか。

というもの自己肯定感は人生の充実度を高める上では外すことのできないものだからです。

何をやっても上手くいかない。

自分に自信が持てない。

もっと自信を持ちなよ、と言われてもどうすれば自分に自信が持てるのか分からない。

どうしてもネガティブな感情が消えない。

そんな風に思うことはありませんか。

そんな時は少し自己肯定感が低くなっている状態なのかもしれません。

私はしょっ中あります。笑。

自己肯定感とはどんなものなのか興味を持って、自己肯定感を高めていく生き方に興味を持てるきっかけに少しでもお役に立てたら幸いです。




自己肯定感が高いってどんな状態?

自己肯定感とはどんなものなのでしょうか。

その文字通り、自己を肯定する

自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられること

自分にマル!OK!

と言える状態ともいえるでしょうね。

人生の幸福度を大いに左右するものであり、人生を支える主軸となるものです。

最近では自分軸という言葉でもよく耳にしますね。

私の周りにいる魅力的な人たちも、皆一様に自己肯定感が高いなあと感じます。

なんだかキラキラしていますよね自己肯定感の高い人って。

いわゆる「成功者」と言われる方々も然り。

「どうせ自分なんて」

と言っていては大きな成功も手にすることは確かに縁遠いに違いありません。

自己肯定感が高ければ、物事を肯定的な側面から見ることができます。

あなたが仕事中に失敗してしまったとしましょう。

自己肯定感の低い状態であれば、失敗したことへの恐怖にフォーカスしすぎてしまい、朝会社に行くのが憂鬱になってしまったり、あるいは失敗の原因を他に求めて周りのせいにしてしまったりするかもしれません。

逆に自己肯定感が高い状態であれば、失敗をしてしまった事実はしっかり真摯に受け止め、次に同じ失敗を起こさないためにどうすれば良いかを考えて次に活かすこともできるでしょうし、落ち込んだ気分を引きずらないように甘いお菓子を食べて気分転換をするといった気持ちの切り替えを行うかもしれませんね。

このように起きている出来事は変わらなくても自己肯定感の高低差によって受け止め方は180度変わってくるのですから、より良い人生を歩みたいなら自己肯定感は高くありたいものですよね。



自己肯定感は揺れ動く

自己肯定感は高くも低くも環境によって揺れ動くものである。

1日の中でも朝寝坊をしてバタバタを会社へ向かった時、どうしてもっと早く起きることができなかったのだろうと自分を責めて自己肯定感が下がってしまったり、会社で仕事中に上司に褒められたことで「やったあ!」と自己肯定感が上がったりする場面があるかもしれません。

自己肯定感は揺れ動く

このことを知っているだけで、自分の気分が落ちている時に

「あ、今ちょっと自己肯定感下がっているな」

と気づくことができます。

これを心理学では自己認知と言います。

一度、今の自分の状態を知ることで、よしちょっと深呼吸して落ち着こうといったように、状態を立て直して切り替える為の行動が取れるようになりました。

この気づく・知るというのがとっても大事なことであると知った時に、今までの自分は本当に上下ブレブレの自己肯定感だったものだなあと感じました。高低差ありすぎて耳がキーンとなるレベルでした笑。

その渦中にいる際は、自己肯定感という概念すら知らなかったので、この感情の振り幅を自分でも持て余していました。

上手くいかないことに気分を左右されてモヤモヤ・イライラを周りに撒き散らしたり、本当に幼稚だったなあと反省しています。

あの頃の自分が自己肯定感というものを知っていたらもっと上手く対処できただろうになあと思います笑。

でも大丈夫、自己肯定感は今この瞬間からでも高めることができるのですから!

自己肯定感は後天的に高められる!!

自己肯定感は環境によって揺れ動く。

日本人の自己肯定感は世界の中でも低い方なのだそうです。

なんとなく、だろうなと思ってしまう部分大きいですよね。

和を以て尊しとなす

個よりも和を重視するムラ社会という文化背景も大きく影響しているのかもしれませんね。

中でも家庭環境が自己肯定感に及ぼす影響は比重が大きかろうと思われます。

生育環境によって、愛情たっぷりと与えられて育った人の自己肯定感は揺るぎないものであることは想像にかたくありません。

逆に自己否定されながら成長していった人の自己肯定感は弱く、揺れ動きやすい不安定な状態と言えましょう。

生まれ育った時点での自己肯定感なんて自分自身でどうにかできるものじゃないのに。。

それじゃあ私の自己肯定感はダメダメなままということなのかあ。。。

とちょっと悲しい気持ちになってしまいましたが、大丈夫です!

なぜなら自己肯定感は後天的に高められるのですから!

この言葉はとても私を勇気づけてくれました。

今からでも大丈夫なら、私の自己肯定感もこれから上げていけるのか!

そう思った時、めちゃくちゃ希望が湧き上がってくるのを感じました。

自己肯定感が高まった私ってどんな人生を歩んでいるのだろうと想像してみると、未来の自分にワクワクしませんか?

自己肯定感の低さに苦しんだ過去があるからこそ、人の痛みに寄り添える優しさや思いやりを持てるのです。

これから高められるのですから、むしろ自己肯定感の伸び代だらけなのです!

自己肯定感を高めて自分軸で生きる

自己肯定感を高める

これは私は一生かけて向き合う課題なのだなあと思っています。

小さい頃から父親から自己否定の言葉のシャワーを浴びせられて育った私は、本当に自分に自信が持てないまま大人になってしまいました。

ありとあらゆる壁にぶち当たってはその度になけなしの自信を失い、何をどうすれば良いのか全くわからない状態でした。

「もっと自分に自信を持ちなよ」

何百回、何千回言われたか分かりません笑。

その度に

「それが出来たら苦労してないわ!」

と反発していたものでした。だって、そもそも自分の中になかったものですから、持ち方も知りようがありませんでした。

アプリをインストールするように自己肯定感もダウンロードできたらいいんですけど、そう簡単には行きませんからね笑。

自分の自己肯定感は低い

そう認めることにも最初は抵抗がありました。

自分の弱さ、ダメな部分と向き合うって本当に苦しいですよね。今も、ともすれば逃げ出したくもなります。

けれど、向き合うことで、やっと、じゃあどうすれば良いのかという道がやっと少しずつ開けてきたような気がします。

まだまだ私の自己肯定感は揺れに揺れてはいますが、どうせ揺れるなら柳のようにしなやかに揺れつつ折れなきゃ良いのかもな、とも思える様になってきました。

ポンコツの私にもでき始めているのだから、大丈夫です。

みんなもっともっと自己肯定感は高めることができます。

一緒に自己肯定感を高めていきましょう。

あなたが自己肯定感を高めて輝いて生きていけば、あなたの周りも輝いていきます。

光の輪を広げていきましょう。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

皆様に溢れんばかりの幸せが降り注ぎますように。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする