新宿の総鎮守/花園神社の御朱印とご利益は?酉の市や桜もオススメ!

眠らない街、新宿の総鎮守である花園神社についてご紹介します。

花園神社の御朱印ご利益、有名な酉の市や、隠れた穴場スポットである桜についてもご案内いたします。

最後までお読みいただけたら幸いです。

【新宿の総鎮守】花園神社の歴史

【鎮座地】 東京都新宿新宿5丁目17番3号
【御祭神】 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

日本武尊(やまとたけるのみこと)

受持神(うけもちのかみ)

  

【境内摂社】 【御祭神】
芸能浅間神社(げいのうせんげんじんじゃ) 木花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)
威徳稲荷神社(いとくいなりじんじゃ) 威徳稲荷大明神(いとくいなりだいみょうじん)
【境内末社】 【御祭神】
雷電稲荷社(らいでんいなりしゃ) 受持神(うけもちのかみ)

花園神社は、徳川家康の江戸開府(1603)以前から新宿の総鎮守として重要な位置を占めていました。
花園神社は寛永年代(1624~1644)までは現在の場所より約250メートル南、今の伊勢丹デパートの付近にありました。

しかし、寛政年代に朝倉筑後守という旗本がこの周辺に下屋敷を拝領したため、社地は朝倉氏の下屋敷の中に囲い込まれてしまったのです。そこで幕府に訴えたところ、現在の場所を拝領することになりました。

徳川御三家(将軍家に次いで格の高い尾張藩・紀州藩・水戸藩)筆頭の尾張藩下屋敷の庭の一部で、たくさんの花が咲き乱れていたそうです。この美しい花園の跡に移転したので花園稲荷神社と呼ばれたのが社名の由来とされています。

そんな歴史ある花園神社ですが、実は花園神社という名称になったのは昭和40年だそうです。

明治時代に神名帳の提出時に「花園」の文字の記入が漏れたまま誤って提出してしまったからなんだとか。

結構なうっかりミス笑。

そして記入漏れのやり直しが利かないというのも中々手厳しいものですね。。笑




花園神社へのアクセス

【電車】

東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E2出口 徒歩0分

JR線・小田急線・京王線「新宿駅」東口 徒歩7分

西武新宿線「西武新宿駅」徒歩5分

【車】

首都高速4号新宿線新宿出口より5分

【バス】

都営バス「新宿三丁目」「新宿伊勢丹前」バス停下車 徒歩3分

【駐車場】

なし

花園神社へは、新宿駅からだと靖国通りを区役所方面に直進すると、通り沿いに鳥居が現れます。

副都心線、丸ノ内線、都営新宿線の新宿三丁目駅からはE2出口を利用すると、すぐ目の前に鳥居が見えます。

靖国通りを一歩入ると静謐な空間に包み込まれ、一気に空気が変わることを感じてみてください!

この振り幅の大きさは花園神社ならではだと思っています。

通常の神社なら社務所の時間は16時まででしまってしまうところが大半ですが、そこはさすが不夜城・新宿の総鎮守!何と、20時まで社務所は受付をしているのです。

新宿でお買い物をしたついでや、仕事帰りにフラッと立ち寄ってお参りをできるのも花園神社の魅力ですね!

花園神社の入り口

花園神社への入り口は3つあります。

こちらは明治通り側に面した正門からの入り口です。

大きな鳥居がドーンとそびえ立っています。

こちらは靖国通りに面した入り口。

賑やかな通りの中に突如鳥居が現れます笑。

私はよく靖国通り側から神社に向かうことが多いですが、参道を歩いていくうちにいつの間にか喧騒から凛とした空気の中に入っていく振り幅を感じることができるのでとても好きです。

こちらはゴールデン街側の鳥居です。

すぐ向かいにゴールデン街が並んでおりますので、参拝の帰りに色々と寄り道の選択肢があるのも魅力の一つと言えましょう。

花園神社の御朱印の種類、受付時間

桜の印がとても可愛らしく、流麗な文字の御朱印をいただきました。

御朱印は、本殿横の社務所にて受け付けております。

初穂料300円を収め順番待ちになると番号を書いた札を渡されます。

順番が来ましたら、番号を呼ばれるので受け取りましょう。

御朱印は花園神社の御朱印一種類のみです。

酉の市の日には「一ノ酉」「二ノ酉」「三ノ酉」の文字が追記されます。

御朱印も20時まで受け付けているというのも他の神社にはない魅力ですよね。

花園神社のご利益/恋愛運アップのスポットも?

花園神社のご利益としては、やはり「商売繁盛」が挙げられるでしょう!

新宿でお店を商売をされている経営者の方にも多く参拝されています。

酉の市の日の熊手を飾っているお店も少なくないですよね。

花園神社は、過去に3回の火災にあって全焼してしまったのですが、その度に社殿を再建しているのです。

困難に負けずに何度でも立ち上がって結果を出すという姿勢を神社が示してくださっているのですから、この不屈のパワーに是非ともあやかりたいという気持ちになりますよね。




威徳稲荷神社で恋愛運/縁結びのご利益祈願

赤い鳥居が連なる威徳稲荷神社の入り口は幻想的で、思わず足を踏み入れずにはいられないという気持ちになってしまう神秘的な空間です。

こちらの稲荷神社は縁結び、夫婦和合にご利益があるそうで女性の参拝客も多いとか。

鳥居をくぐり抜けていくと、両サイドにお狐様がお出迎えしてくださいます。

可愛らしい子狐さんも側にいて、愛情深さが感じられとても微笑ましいです。

パンダの前掛けもまた愛くるしい。

祠の先にも、お狐様がお出迎えしてくださいます。

そして、ちょっと目線を上に持っていきましょう。

威徳稲荷大明神の看板の後ろに密かに、でもしっかりと男性のシンボル像が存在感をアピールしております。

なるほど、夫婦和合を謳っている理由に合点がいきました。

こちらのシンボル、台に登って直接撫でることもできるそうで、恋愛運アップを願う女性に人気なんだとか。参拝に行った際には、台の存在に気づかなかったのですが、撫でるのにはちょっと勇気がいるかも笑。だからこそ、ご利益があるようにも思えますね。

私は頻繁に花園神社に参拝に行っているのですが、実は今回初めて知りました。

今度参拝した際には思い切って撫でてみようと思います。

こちらの祠の後ろにも石像が祀られておりますので探してみてください。

【芸能の神様】芸能浅間神社で才能開花

こちらの芸能浅間神社に祀られているは木花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)様です。

才能が花開くというご利益があると言われており、芸能人も足繁く参拝に訪れるのだとか。

花園神社の中でも一際、静謐な空気を放っている空間だと感じます。

江戸時代から芝居や舞踏の興行に縁が深く、演劇や歌曲などの奉納も多かったことに由来しているのでしょう。境内には芸能人の方々の名前が記されているので眺めるのもまた楽しみの一つですね。

イライラも預けられる納大明神

本殿から向かって左側には古お札や熊手を収める納大明神が鎮座しています。

こちらには、古いお札や御守りのみならず、腹の立つ事も納めてくださいと書かれてい流ではないですか!これは珍しい笑。

日頃抱えているモヤモヤする出来事もまとめて引き受けてくださるというのですから、とってもありがたいです!

実際に参拝した後には、何だか軽やかな気持ちになれます。




開運招福!見世物小屋がある酉の市

花園神社といえば、何と言っても酉の市ではないでしょうか。

毎年60万人が訪れるという酉の市。

当日は、靖国通り一帯に縁日が立ち並び、人、人、人のものすごい熱気で賑わっています。

大鳥神社の祭神である日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征伐の戦勝祈願をし、帰ってきた際にお礼参りをしたことにちなみ、彼の命日である11月の酉の日に行われるようになったことが由来とされています。

商売繁盛を願う大小様々な熊手が売られていてどれにしようか迷ってしまいそうですね。

そして、花園神社ならでは、ここでしか見られないのが見世物小屋でございます!

これぞ花園神社というサブカル感が半端ありません!

中は撮影、録画禁止とのことで、行ってみない事にはわかりませんね。

シンプルに興味津々です!

どんなものなのか、一度ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

夜桜がオススメ!新宿の桜の穴場スポット

桜の木の本数は多くはないですが、花園神社の桜はとっても綺麗で、個人的に毎年お花見に行くのを楽しみにしています。

特に、オススメは夜です!

灯籠に明かりが灯ってライトアップされた桜はとても妖艶で魅入ってしまう美しさ。

芸能浅間神社に祀られている木花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)が桜の神様である事も関係しているのかもしれませんね。

桜の開花した時期は夜でも解放されている神社であるが故に、絶えず夜桜を眺めに来る方が訪れます。

とはいえ、そこは神様のいらっしゃる場所ですから、マナーを守って桜を愛でましょうね。

新宿の多様性を支える懐深い神様

新宿という場所柄、花園神社には外国人の方も数多く参拝されます。

国籍を問わずに人を惹きつける魅力を放っているのでしょうね。

花園神社は、私にとって個人的に思い入れのある神社。

仕事の帰りに立ち寄る事もできる便利さもですし、喧騒の中を一歩入ると静かで引き締まった空気にガラッと変わり、神様の存在をしかと感じることができ、軽やかな気持ちで帰ることができます。

行く度に気持ちを浄化してくれる場所かつ私が神様に興味を持つきっかけを与えてくれた大切な神社です。

新宿も私にとっては大好きな街であります。

こんなにも色々な事情を抱えている人が集まる街というのはそうそうないでしょう。多様な価値観、生き方を持った人達にとっての拠り所となる居場所を提供している街でもある、その懐の深さが新宿という街の魅力ではないでしょうか。

花園神社もまさにそんな懐深い神社だと思います。

先ほど申し上げた通り、外国からの観光客も多く参拝に来ており、中には参拝時の作法が分からない方も多くいるかもしれません。

でもきっと、花園神社の神様は作法云々よりも来てくれたことを喜んでくださる事でしょう。

私は6年ほど前に花園神社で新年の厄除けのご祈祷をしてもらいました。

気持ち晴れやかに清々しい気持ちで帰ることができたのを覚えています。

それからも参拝には何度となく訪れてはいますが、忙しさにかまけて時には足が遠ざかる事もありました。

それでも花園神社からは、私の誕生月には神様に平安長寿をお祈りしますと記された葉書が毎月欠かさず届きます。

花園神社はバースデーカードを届けてくれる神社なのです!

これがいつも折に触れてご祈祷をしている身であれば珍しいことではないのかもしれませんが、6年前に一度のご祈祷をしただけの私にですから、すごい事だと思いませんか。

毎月葉書をみて、「ありがたいなあ」と軽く受け取っていましたが、数日もすれば頭の片隅から消えてしまっていました。

ですが、こうしてブログを書き始めて神様のことをもっと良く知りたいと思うようになった時にふと毎月葉書をもらっていたことを思い出したのです。

あんなにたくさんの人が訪れる中で、一度生まれたご縁をこんなにも大事にしてくれている神様に、もう私は承認されているではないか!

楽しいことばかりではなかった、しんどい時期もあった、そんな時も神様はずっと見守っていてくれていたんだという事に気付いた時、自然と涙が溢れました。

放蕩息子をずっと見守る母の愛ってこんな感じなのかも?と思ったくらいです笑。

今までずっと見守ってくれていたお礼と、これからもよろしくお願いしますという気持ちで、また折を見てご祈祷に行きたいと思っています。

多種多様な事情を抱えた人が行き交う新宿という街を、愛情深く見守って、どんな人も懐深く受け入れてくださる神様とのご縁を結びに、花園神社を訪れてみてください。

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする