トイレ掃除で金運アップ!トイレの神様を味方にして開運引き寄せ

トイレ掃除をすると金運がアップする、トイレ掃除をしたら臨時収入があった!

などという話を、誰しも一度くらいは耳にしたことがありますよね?

トイレ掃除をするとどうやら金運が良くなるらしいのというのは、果たして本当なのでしょうか。さらに、トイレ掃除で開運するのであれば、トイレには神様がいるということなのでしょうか。

開運美人を目指す私としては非常に気になるところであります。

毎日のトイレ掃除が開運に繋がるなら、是非とも実践してみたいと思いませんか?

トイレをピカピカにお掃除してトイレの神様のお力をお借りして開運を引き寄せましょう。

これを読んだら、きっとトイレを掃除したくなるに違いありません。

最後までお読みいただけると幸いでございます。



トイレの神様が金運を運んで来てくれる

トイレにはやはり神様がいらっしゃるようです。

これは、小林正観(こばやしせいかん)さんの著書「ありがとうの神様」でおしえてくれています。

家の中には7人の神様がいらっしゃるのですが、新築時の到着時間が神様によってバラバラなのです。

1番最初に到着した神様は、一番見栄えの良いリビングから、という順番で椅子取りゲームのごとく各々の持ち場が埋まっていくので、最後の7番目に到着した神様は必然的に誰も担当したがらなかったトイレを担当することとなるのです。

ではなぜ神様の到着時間がバラバラなのかと申しますと、荷物がそれぞれに全く違うからなのです。

1番目の神様:手ぶらで身軽に猛ダッシュでやってくる

2番目の神様:小さな紙袋程の手土産持参でやってくる

3番目の神様:セカンドバックのようなものにお土産を入れてやってくる

4番目の神様:小さなナップザックと背負ってやってくる

5番目の神様:通勤程度の軽さのリュックサックを持ってくる

6番目の神様:リュックサックの中に大きな塊を入れてやってくる

7番目の神様:登山家のような大きさのリュックサックを背負ってやってくる

そんなにたくさんの荷物を背負って来られるのですから、誰よりも時間がかかるのは当然ですが、では7番目の神様のリュックサックの中には、一体何が入っているのでしょう。

なんと、神様のリュックサックの中には「金銀財宝」がぎっしりと詰まっていて、この持って行って、その家に暮らすみんなを裕福にしてあげようと思ってくださっているのだそうです。

たくさんの荷物を背負って来て下さって、誰もやりたがらないトイレを担当してくださる、もうそれだけでも、なんてありがたいのだろうという感謝の念が湧きあがって来ませんか。

このトイレの神様の名前は「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」と言います。

元はインドの火の神様で、財産、金運を司る神様であるそうです。

トイレを守ってくださる烏枢沙摩明王様ですが、お掃除を怠ってトイレを汚してしまったら離れてしまうそうです。当然と言えば当然という気もしますね。

もしあなたが食事をするためにお店に入ったとして、そのお店のテーブルや食器が汚れていたら、どんなにご飯が美味しくても足が遠のいてしまいませんか?

私たち人間が嫌なのですから、神様だって汚れた環境には留まりたくはありませんよね。

どうせならトイレに限らず家中を綺麗にして、7人の神様全員に喜んでいただいて、金運もあげてもらうという、WIN-WINの関係を築きたいものですね。

トイレの神様が金運を運んでくれる言霊

なんと、烏枢沙摩明王様に、より一層テンション上げ上げになっていただけるという「トイレの真言(しんごん)」があるそうです。

その真言というのは

おんくろだのう うんじゃくそわか

というものです。

なんだかよく分からないけれども効きそうな気がしませんか笑。

この真言を唱えながら掃除をすると、烏枢沙摩明王様のテンションが爆上がりしてくださるというのですから、やってみない手はありませんよね。

小林正観さん曰く、打算ありきで唱えても構わないそうです。

まさにやらない善よりやる偽善、と言ったところでしょうか。



トイレは素手で掃除した方がいいの?

素手でトイレ掃除をすると人生が変わる

社長自ら素手でトイレ掃除をすることで会社の業績が上がった

素手でトイレ掃除をすればより臨時収入の額が跳ね上がるらしい

トイレ掃除と金運について調べてみると、必ずと言っていいほど「素手で掃除する」というワードが出てきます。

本当に素手で掃除すると人生が変わるの?

ならば私もやってみようじゃないか!

と、トイレ掃除の習慣がつき始めた頃に私も欲が出てきました笑。

ですが、いざやってみようと思うと躊躇してしまうんです。

トイレ掃除に使ったブラシですら触りたくないと思ってしまう位だというのに、手を直に便器の中に突っ込んで洗うだなんて正気の沙汰とは思えない!と思っていました。

一般的にはこれが普通の反応ですよね。

素手で洗うことでメンタルブロックを解除

本当に嫌で嫌で仕方なかったのですが、これで人生が変えられるというのなら安いものかもしれない、いずれにせよトイレが綺麗になることは間違いないだろう!

と思い切って、便器の中に手を突っ込んでみました。

なんだ、出来ちゃったじゃん。

案外、やってみたらどうってことないな。

これが実際にやってみた私の感想です。

あれだけ嫌だ嫌だと思っていたというのに、いざやってみると、案外平気でした。

思えば一番の壁は、この「便器に手を突っ込む」というゼロからイチへの踏み出しでしたね。

一度やってしまえば、その後からはもう躊躇うことがありませんでした。

汚いトイレに手を突っ込むなんてとんでもない!という思い込みを捨て去ることで、無理だと思い込んでいたことが出来た!という不思議な達成感がありました。

これが、メンタルブロックの解除というものなのだなと思いました。

私には、この思い込みを取り去るというメンタルブロック解除をやってのけたぞ!という経験こそがその後の人生を好転させるきっかけに繋がるに違いないと思えました。

実際に素手で便器を磨いていると、汚れが落ちた手応えも文字通り肌で感じることができるため、より一層トイレをピカピカに出来たというワンランク上の達成感もあります。

出来ないと思っていたことが出来た、という殻を破る経験によって、自己肯定感も自然と高まる効果も得られるのではないでしょうか。

そうは言っても、「素手で洗う」という行為は非常にハードルが高いことには違いありません。衛生上の観点から疑問視する声もあるのは無理からぬ事であると思います。

素手で洗わなければいけない!と気負うことでトイレ掃除をすること自体を負担に感じるようになってしまっては本末転倒なので、抵抗があるのなら無理をする必要もないと思います。

トイレを綺麗に掃除するお手伝いをするために作られたお掃除道具への感謝の気持ちを込めて使えば、きっとその気持ちに応えて、より一層綺麗にしてくれるでしょうか。




トイレ掃除は開運引き寄せの土台づくり

トイレ掃除をすることで開運できるか、毎朝のトイレ掃除がやっと習慣づいてきて感じたこととしては、トイレ掃除をすることは開運の土台づくりであるということです。もちろんトイレに限ったことではありません。

トイレ掃除を怠ると運気がガタ落ちします!

これは断言できます。何故なら私がそうだったからです笑。

ずぼらモード全開で掃除を怠っていた頃の私は「あー、そろそろお掃除したほうがいいよねぇ〜。。」と思いながらもなかなか行動に移せずにスマホをいじったりダラダラと過ごしているうちに「明日でもいいかな」と後回しにしていました。

そうなると、トイレのみならず部屋全体の掃除ができていないため、床に物が散乱してどんどん家の中が汚くなっていき、もうこれは邪気が溜まり放題な状態です。

邪気がどんどん溜まった部屋で過ごしていると、やらなきゃいけないことを後回しにして、スマホをいじり倒して動画を延々と見たり、寝転がって漫画を読んであっという間に時間が過ぎて私何やってんだろう、と自己嫌悪に陥り運気は低迷していくという負のスパイラル状態でした。

そこから、これはさすがにやばい!と一発奮起してトイレ掃除を行い、その勢いで床の上に散らばっていた物をまとめて床を磨いてと一通り掃除をした時に部屋を見返すと、部屋の空気が明らかに違うことに気づきました。

これはブログを読んでくださっている皆さまにも共感いただけると思います。スッキリとした空気が流れていて、さっきまでと同じ空間とは思えないくらいに気の流れの良さが感じられました。

部屋は綺麗になると過ごし方も変わってきて、私の場合は、ストレッチをしたり、アロマをたいたりと、心地よくなれることを積極的にしたくなりました。

実際にここ数日で、素敵な人との繋がりが生まれたり、これからの成長に繋がること間違いなしの頼まれごとが舞い込んできたりと、確実に運気が上がっていることを実感しています。

トイレを綺麗に掃除することで、部屋を綺麗に保っている私というプラスのセルフイメージを持つことができます。

自分自身が良い状態でいれば、良い出来事を引き寄せることが出来て開運につながるのではないでしょうか。

逆もまた然り、掃除をサボって溜まった邪気のやる気吸引力はマジで半端ないです。

このブログを読んでくださっているあなた様は人生をより良くしたいという素敵な向上心をお持ちでいらっしゃる魅力溢れる方に違いありません。

まずは毎朝5分からのトイレ掃除をはじめてみませんか。

烏枢沙摩明王様への感謝を込めて、綺麗なトイレにしちゃいましょう。

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

皆さまにあふれんばかりの幸せが降り注ぎますように!